プレスリリース 2020.10.08

2021年10月に開設予定の「大田区南六郷創業支援施設」の 指定管理者に決定。野村不動産パートナーズと運営共同事業体を組成。

当社は、野村不動産パートナーズ株式会社(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:福田明弘)と共に運営共同事業体を組成し、2021年10月開設予定の「大田区南六郷創業支援施設」の指定管理者として決定されました。施設の運営を通して、創業間もない起業家や起業希望者にワークスペース、イベント、起業・経営相談等のサービスを提供していきます。
>>大田区議会 議案結果(91号議案)(大田区議会ホームページ

大田区南六郷創業支援施設とは
区内開業率の向上、区内産業の発展、創業の機運醸成を目的として大田区が新たに開設する創業支援施設です。
3階建てとなる本施設では、フロアごとにターゲットや用途を変えることで、多様な利用ニーズに応えるとともに、人材や企業間の交流促進を図っていきます。

 
「ものづくりのまち」、「中小企業のまち」として全国的に知られる大田区には約4,200の製造事業所があり、本施設が開設される南六郷エリアは、ものづくり企業と地域住民が暮らす住居が隣接する「職住近接」の側面があります。
本施設がハブとなることで、地域の特徴であるものづくり技術を活用して社会課題の解決を目指す起業家の掘り起こしや、ものづくりを行う区内事業者とのマッチングの促進を予定しています。
 
全国で起業支援施設の運営および起業支援サービス事業を展開する当社。
これからも起業を目指す方や、起業間もないベンチャー企業を中心に支援を行ってまいります。

TOP>>